2015年4月8日 更新

海峡みながらさわやかトルコ料理パーティー♪『茄子とハーブのサラダ』

【動画】】世界の食卓を旅しよう!食べ物を楽しむ事ができる国トルコ。世界三大料理の1つとしても有名なトルコ料理から自家製ハーブとトマトを使った華やかな色合いの「茄子とハーブのサラダ」とボスフォラス海峡を一望できるテラスからの景色をお届けします。

Disvcover the world through kitchens! トルコ編

世界の家庭料理を旅しよう!Discover the world through kitchens!

今回の舞台になったのは、トルコ!東西のあらゆる文化が交わる場所、「文明の十字路」と呼ばれるイスタンブールにやってきました!世界三大料理に数えられる「トルコ料理」は、古くはオスマントルコの時代からその勃興が始まったと言われています。

トルコ料理は、幅はとても広く特徴を一言で言い表すことはできません。肉では、羊肉や鶏肉、魚ではイワシやカツオ、そのほか豆類や野菜、オリーブオイルなどがよく登場します。中央アジアの遊牧民族から伝わったケバブや、鉄板でグリルした鯖をトマトやスライスオニオン、ライムと一緒にバゲットに挟んだ鯖サンドなども有名ですね。日本人の口に合うマイルドな味わいで、一度食べたらクセになっちゃいます。基本的にはイスラム圏ですが、アルコールを飲む人も多いので、食べ物を楽しむ素地は、これ以上ない国!

今回おじゃましたのは、イスタンブールの下町に住むグルチャさん。普段は貿易関係の仕事をするキャリアウーマンです。ウェーブのかかった長い黒髪と大きく切れ長の眼が特徴的。まさにこれぞトルコ美女。ボスフォラス海峡が見えるように反対側から撮った方が良さそうね、など積極的なアドバイスをしてくれて、とても好印象。仕事も料理も気遣いもできる、なんて素敵な女性なんでしょう。これでお酒好きとのことだったので、世のトルコ人男性から大人気間違いなし。
この日は、近所に住むグルチャさんのお友達も集まって、ちょっとしたパーティーに。ボスフォラス海峡を一望できる完璧なテラスで食べるディナーのおいしさと言ったら!イスタンブールの風を全身で感じつつ、トルコ美女の手料理をお腹いっぱい味わえたKitchHikeな夜。再訪することを誓ったのでした。



【KitchHike(キッチハイク)とは?】
世界中の食卓で料理を作る人[COOK]と食べる人[HIKER]をつなぐ、マッチングコミュニティサイトです。旅行者やご近所さんを自宅に招いてみませんか?海外の家庭料理(もちろん日本も!)を実際に食べに行ってみませんか?キッチハイクが今の時代にふさわしい、“おいしい体験”のお手伝いしちゃいます。
4 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手作りパンチェッタでつくる濃厚&クリーミーな本格カルボナーラ☆

【動画】イタリア料理に欠かせないパンチェッタ!豚ばら肉を塩漬けにして、乾燥・熟成させて作ったものです。今回はご家庭でも簡単に作れるように、冷蔵庫で乾燥させながら熟成させていきます。傾けた網にのせると、豚肉の水分が下にぽたぽたと落ちていき、お肉の水分がだんだん抜けて旨みが凝縮します!手作りのパンチェッタで作るカルボナーラは最高に美味しい♪ハーブは全て揃えなくてもいいので、お好きなハーブで香りを付けてくださいね☆

秋のおもてなし料理♡ローズマリー香る"秋刀魚とトマトのオーブン焼き"

【動画】今が旬の秋刀魚を使った、おもてなしにぴったりのメニューです。青魚とトマトは相性抜群!ローズマリーの香りが魚の匂いをやわらげてくれるから、青魚が苦手という方にも食べてもらえるはず!秋刀魚に薄く塗った粒マスタードと、上に乗せたパン粉がいいアクセントに♪

ワインとバケットが止まらなくなる♡トリッパのトマト煮込み

【動画】イタリアではポピュラーな煮込み料理「トリッパのトマト煮込み」のレシピをご紹介。トリッパは牛の第2胃袋のことで、日本では「ハチノス」と呼ばれている内臓のこと。ハチノスをトマトやハーブ類と一緒にじっくり煮込むことで、ワインにぴったりの一品になりますよ♪

繁殖力の強いミントはどうしたらいい!?使い方いろいろミント活用テク

ミントは、1粒の種であたり一面がミントだらけになってしまうほど生命力の強いハーブです。その光景は「ミントテロ」なんて揶揄されることもあるほど。摘んでも摘んでもなくならないミントを有効活用して生活に役立てちゃいましょう!

ローズマリーの神秘的な薬効に歓喜!人の暮らしに役立つハーブの力

ローズマリーは神秘的な力を持つハーブとしても名高く、その使い方は多岐にわたります。キッチン菜園で栽培したローズマリーの実力を紐解いていくと、今までとは違った使い方ができることに気付きますよ。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部