2015年7月19日 更新

冷房で体が冷えるのを防ぐ食べ物

冷房で体が冷えていると感じることありませんか?身体の内側から体を温めてくれる食べ物をご紹介します!代謝を上げてこれから来る暑い夏、夏バテにならないように気をつけていきたいですね!

Vitalina Rybakova/Shutterstock.com (9765)

via Vitalina Rybakova/Shutterstock.com
家でも外出先でも移動の車や電車の中でも、外気温が高ければ高いほど冷房が効いていて、夏に冷え症と感じる人が増えてきました。体が冷えてしまうと新陳代謝が落ちてしまい太りやすくなったり、体調を崩してしまう人もいます。健康的な体のためにも夏だからこそ体を温める食べ物を摂るようにしましょう。

体がカーッと熱くなる食べ物としてまず思いつくのが辛いものですね。辛いものを食べると一時的に体が熱くなってきます。しかし、その辛味成分に唐辛子が使っていると、逆に体を冷えさせてしまうことになります。
marylooo/Shutterstock.com (9767)

via marylooo/Shutterstock.com
食べ物には、陽性と陰性があります。体を温める効果があるのは、陽性の食べ物です。逆に陰性の食べ物は体を冷やす効果があります。例えばティータイムにお茶と一緒にお菓子を食べますね。お菓子に砂糖が含まれていると、砂糖は陰性なので体を冷やします。そんな時には、蜂蜜や黒糖が入っているお菓子を選ぶようにします。あるいは、飲み物をカモミールティーにするのもいいですね。カモミールは、陽性なので、カモミールティーを飲むと体の芯から温まります。これにさらに同じ陽性のジンジャを入れると、さらに効果が高まることでしょう。

例外はありますが、多くの陽性の食べ物は、寒い地方のものが多いようです。これは、体を温めることができるからでしょうね。
Oxana Denezhkina/Shutterstock.com (9769)

via Oxana Denezhkina/Shutterstock.com
また、調理の仕方によっても、陰性の食べ物が陽性にかわることがあります。フルーツは、一般に陰性、つまり体が冷えると言われていますが、ドライフルーツにすると陽性になります。同じようにお魚も干物で摂ると体を温める効果がでてきます。

他にも身の回りには、たくさんの体を温める陽性の食べ物があります。玄米、カボチャ、レンコン、タマネギ、ごぼう、人参、山いも、生姜が代表的です。魚介類で言えば、しじみ、あじ、さば、さけ、ぶり、カニ、ヒラメ、たいと言ったものです。ですが、これらには旬があります。

そう考えると、調味料などで調整するのがいいかもしれません。味噌やしょう油、自然塩、有精卵、それにドライフルーツと干物などは体を温める効果が高い食品です。

また、野菜類は、生で食べると体が冷えると言われていますね。そんな時には味噌汁にして、たっぷりの野菜を食べてみましょう。お味噌も陽性の食べ物ですから、否応なく体を温めることができます。今では一年中とれる野菜がたくさんあります。それらをたっぷりとって、夏のクーラーに負けない冷房対策をとるようにしましょうね。

thumbnail pictures by Charlotte Lake/Shutterstock.com
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エアコンの簡単カビ取り・掃除するコツ!業者まかせを卒業しよう

エアコンのカビの臭い、気になったことはありませんか。業者にお願いすると結構な費用がかかるので、カビ取りとお掃除を自分でスッキリすませる方法をマスターしましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部