2017年6月28日 更新

「ラムネにビー玉が入ってる理由は?取り出せる?」ラムネに関するみんなの謎を解決!

「ラムネはどうしてビンなの?」「ビー玉が入ってる理由は?」子どもの頃からなんとなく疑問に思っていたラムネの不思議。みんなの中にあった「なんで?」を解説!ビー玉の取り出し方もご説明します♪

瓶に入っているのがラムネ?サイダーとの違い

TAGSTOCK1/Shutterstock (37024)

ラムネと似ている味のサイダー。ラムネは元々ペリーが黒船と一緒に持ってきた「レモネード」が語源。そんな歴史的な背景もあって、昔はラムネがレモン風味、サイダーはりんご風味というのが一番の違いでしたが、今はその違いも曖昧になっています。

今、ラムネとサイダーの一番の違いはビンに入っているかどうか。ビー玉入りのビンに入っていればラムネ、それ以外ならサイダーと区別されています。

当初はラムネもワインのようにビンにコルクで栓をしていたのですが、時間とともに炭酸が抜けてしまうのがデメリットでした。そこで、イギリスで開発されたのがビー玉栓のビンだったんです。

ビー玉入りのビンなら炭酸が抜けない理由

jreika/Shutterstock (37025)

ラムネの炭酸が抜けない最大の理由のポイントとなるのがビー玉です。ビー玉が飲み口にピッタリとくっつくつことで炭酸が抜けない仕組みになっているのですが、これは炭酸の空気圧で飲み口がビー玉で圧着されているからなんです。

コルクよりも丈夫で炭酸が抜けにくく、容器としても頑丈だったため日本でも「イギリスからの舶来品」として使われていましたが、日本でも独自に改良を加えたものが作れらるようになっていきました。

日本で作られたラムネのビンはイギリスでもその完成度に驚かれたそうです。昔は飲み口も全てガラスで作られていましたが、今はプラスチック製になっているのも違いの一つです。

ビー玉が取り出せるビンと取り出せないビンの見分け方

jreika/Shutterstock (37026)

子どもの頃、ラムネのビー玉をどうしても取り出したくて悪戦苦闘した経験がある人も多いのではないでしょうか。実は、飲み口がプラスチック製でも昔のラムネはビー玉が取り出せないものがほとんどでした。

それは飲み口がツルっとしていて丸みを帯びている「打ち込み栓」のもの。ビンに直接飲み口を打ち込んでいるため外せない構造になっているんです。

ラムネのビー玉が取り出せるのは縦に突起があるスクリュータイプの「ネジ式キャップ」のラムネのビンだけ。ペットボトルを開ける時のようにクルクル回せば簡単に外すことができるのでビー玉も簡単に取り出せます。

今は分別して捨てなければならないので、現代のライフスタイルに合った構造になっているんですね。
長年ずっと疑問だったラムネの謎は解けたでしょうか?ちなみに、「ビー玉が飲み口をふさいでうまく飲めないよ!」という場合はビンのくぼみにビー玉を引っかけて飲むのがポイントです。あまり急がず、ゆっくり飲んでくださいね。


thumbnail picture by sukiyaki/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラムネが和菓子に大変身? どんな味か気になる意外なコラボお菓子

夏はキンキンに冷えてシュワっとしたラムネが美味しく感じますよね!子どもから大人まで、さらにはおじいちゃんおばあちゃん世代まで子どものころから慣れ親しんだ懐かしい味。そのラムネが最近になって「和菓子」とコラボしちゃってるんです!

お砂糖は白じゃなくて透明だった!?お砂糖の作り方と種類別による使い分け豆知識

スーパーに行くと、色んな種類のお砂糖が並んでいますよね。いつも買うお砂糖の種類は大体決まっていると思いますが、実は種類によって特徴があるので、使い分けることもできます。実はあまり知らないお砂糖の豆知識をご紹介します。

缶詰めの賞味期限、実際はいつまで大丈夫?缶詰めの意外な安全性と保存方法

非常食や買い置きなどで重宝する缶詰め。「密封されているなら意外と日持ちしそう」と思いながら、実際はその安全性について今一つ分かりにくいですよね。どんな状態の缶詰が危険?賞味期限が切れたものはもう食べられない?缶詰の安全性について解説します。

七草粥は春だけじゃない?七草の歴史と七草粥の美味しい食べ方新提案!

七草というと、お正月のイメージがあると思いますが、夏や秋にも七草は存在するんです。実は「七草」は元々秋に食べるものでした。そして夏の七草も気になりますね。ここでは、七草やお粥のこと、そして美味しい食べ方について解説します。

昔の常識は今の非常識!?もしかしたらまだやってるNG掃除テクと新常識

時代の流れで変化してきた住まい。昔は畳の部屋も多かったと思いますが、今はほとんどがフローリングですよね。使う素材も天然素材から合成素材まで様々。でも、掃除の仕方は昔と同じでいいのでしょうか?実はその常識お掃除テク、今は非常識かもしれません。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター