2017年2月28日 更新

【鮭とキャベツの春色パスタ酒粕クリームソース】のつくり方

【提供:かんぽ Eat & Smile プロジェクト】今回は料理研究家・栄養士の中山桜甫さんが考案したオリジナルメニュー「鮭とキャベツの春色パスタ酒粕クリームソース」の作り方をご紹介。

材料(4~5人分)

・ウエットタイプの酒粕 60g
・牛乳 1カップ(200ml)
・パスタ(リングイーネ)320g
・甘塩鮭 2切れ
・ニンニク 1カケ
・タマネギ 1/2個
・キャベツ 4枚
・菜の花 8本
・白ワイン 大さじ2
・オリーブオイル 適量
・チキンブイヨン 小さじ1
・モッツァレラチーズ(または溶けるチーズ)適量
・塩 少々
・コショウ 少々

つくり方

①酒粕を牛乳で溶く。
*溶けにくいので何回かに分けて溶く。

②甘塩鮭は一口大、タマネギ・キャベツを適量切る。

③大きな鍋にたっぷりの塩を入れ、表示よりも1分短めにパスタを茹でる。

④フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて火にかける。

⑤オリーブオイルに香りが移ったら、タマネギ、塩、甘塩鮭を加えて炒める。

⑥白ワインを加えてアルコール分を飛ばす。

⑦フライパンに牛乳で溶いた酒粕、チキンブイヨンを加える。
*チキンブイヨンは鶏がらスープでも代用可。

⑧コショウを加えキャベツを絡め、塩を加える。
*鮭を焦がさないように注意。

⑨パスタの茹で上がり時間の1分前に菜の花を入れて一緒に茹でる。

⑩菜の花のみをすくい取る。

⑪茹でたパスタをフライパンに移す。
*茹で汁を入れて水分量を調整。

⑫塩、コショウを加え、4cmに切った菜の花をフライパンで絡める。

⑬モッツァレラチーズを手でちぎって加える。

⑭お皿によそって完成。

期間限定でお店でお召し上がりいただけます。

本メニューは期間限定で以下店舗の「ランチメニュー」でお召し上がりいただけます。
※日によって提供していない場合があります。

かんぽ Eat & Smile サポーターズ Cafe
「hikicafe」
東京都渋谷区宇田川町36-19 名畑ビル1F
期間:2017年2月27日(月)~3月12日(日)
 
提供: かんぽ Eat & Smile プロジェクト
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハロウィンパーティーにもオススメなかぼちゃと酒粕で作るかぼちゃナーラ

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、秋の味覚!かぼちゃで作るパスタ、かぼちゃナーラです。甘いかぼちゃと “ 酒粕 " を入れて作るパスタは発酵食品の味がする今まで食べたことのない新しいパスタです。とろとろのかぼちゃクリームをたくさんパスタに絡ませて食べてみてくださいね!

手作りパンチェッタでつくる濃厚&クリーミーな本格カルボナーラ☆

【動画】イタリア料理に欠かせないパンチェッタ!豚ばら肉を塩漬けにして、乾燥・熟成させて作ったものです。今回はご家庭でも簡単に作れるように、冷蔵庫で乾燥させながら熟成させていきます。傾けた網にのせると、豚肉の水分が下にぽたぽたと落ちていき、お肉の水分がだんだん抜けて旨みが凝縮します!手作りのパンチェッタで作るカルボナーラは最高に美味しい♪ハーブは全て揃えなくてもいいので、お好きなハーブで香りを付けてくださいね☆

生でも焼いてもホントに美味しい、「粕漬け」食べ比べ選手権

特製の酒粕で漬け込んだ魚や魚卵の粕漬けを食べ比べてみた

ハーブの香りと煎り米の香ばしさが食欲をそそる!豚肉と煎り米のエスニックサラダ「ラープ・ムー」

【動画】今回は、タイ東北部の名物料理「ラープ・ムー」をご紹介します!ラオス語で「ラープ」は幸せ、「ムー」は豚肉という意味。豚肉をハーブ・唐辛子・ナンプラー・ライム・煎り米粉で和えたエスニックなサラダで、バンコクのお惣菜屋さんやレストランでも定番のサラダです☆辛さと酸味が合わさったタイ料理独特の美味しさで、煎ったお米の香ばしさと、たっぷり入れた爽やかなハーブの香りが口の中に広がります。ピリッと辛いタイ料理でスタミナをつけましょう♪

10分で完成!3つのお役立ち食材で簡単パスタのレパートリーを増やそう!

定番のミートソースやナポリタンをはじめとして、いろいろなアレンジが楽しめるパスタは、お子さまから大人まで美味しくいただけますね。いつも同じパスタになってしまう、という方のために、家にあるちょっとした材料で簡単に作れる楽ちんパスタをご紹介します。

キーワード

ライター

【PR】ビデリシャスブランドコンテンツ 【PR】ビデリシャスブランドコンテンツ