ひゃっこい

生温くてもヒャッコイ?水が貴重品だった江戸の商売

生温くてもヒャッコイ?水が貴重品だった江戸の商売

江戸時代、夏になると「ひゃっこい、ひゃっこい」と売り声を上げながら、冷水売りがあちこちを歩いていました。ところてん売り、夏の夜の麦湯(麦茶)売りと共に夏の景物でした。
1 件