千葉

江戸で使われていた塩は千葉県産の行徳塩

江戸で使われていた塩は千葉県産の行徳塩

「行徳(ぎょうとく)」とは塩の事を指す隠語で、茶屋や楽屋等で使われた言葉だそうです。塩といえば全ての味の基本となる調味料です。ちょうど良く加減する事を塩梅といったのも、かつては塩と梅の酢で味をつけていたからだと言われています。
1 件