寿司(鮨)の原点は、魚とご飯の発酵食品だった!?

寿司(鮨)の原点は、魚とご飯の発酵食品だった!?

酢飯と刺身を握るだけという一見シンプルな寿司(鮨)ですが、なんとそのルーツは「塩と魚とご飯を漬け込んで、数年間自然発酵させたもの」という想像しがたいものでした。鮨の歴史と変遷をご紹介します。
【ごはん映画】世界中の食通を唸らせてきた伝説の鮨職人のドキュメンタリー『二郎は鮨の夢を見る』

【ごはん映画】世界中の食通を唸らせてきた伝説の鮨職人のドキュメンタリー『二郎は鮨の夢を見る』

【コラム】"食"にまつわる映画を紹介する「ごはん映画」の連載、今回は『二郎は鮨の夢を見る』。『ミシュランガイド東京』にて6年連続で三ツ星に輝き、世界中の食通を唸らせてきた伝説の鮨職人、「すきやばし次郎」の初代店主・小野二郎さんのドキュメンタリーです。日本に生まれたことをちょっと誇らしく思える映画です。
2 件